師弟論について考える

学会の教義と言ってよいかどうかは分かりませんが、「師弟論」は、関心の高いテーマなので、これについて考えてみたいと思います。
はじめに、当サイト宛てに、学会の幹部を長年務められてきた方から、「師弟に関する一考察」として投稿がありました。掲示板で扱うには長文である事、傾聴に値する論である事、貴重な問題提起である事、などを総合的に判断させていただいた上で、ほぼ原文のまま、ここに掲載させていただきます(文意を明確にするなどのため、見出しを付すなど、若干の加筆編集をさせていただきました)。
また、あわせて、管理人の個人的見解を掲載させていただきます。