法案自体には反対だが、公明党の立場にある程度の理解や同情を示すもの

一体誰のせい? 頑張れ公明党

私は、公明党の山口代表も井上幹事長も大好きです。いつもきりっとしていて歯切れのよい発言をされる方だと尊敬もしております。ただ、先日の安保法案の採決の後、お二人のお話する姿をテレビで見た時、何故かいつもの凛とした感じはなくて、かなりお疲れのように見えました。こんな立派な方たちをここまで憔悴させているのは一体だれなのか? と腹立たしいやら、痛ましいやら、とても悲しくなりました。
2015年07月17日 (金)

公明党の方々は気の毒 後白河上皇

公明党の方々の多くは、先生のため会員のために頑張っておられるのだと思います。しかし、それが時として世間からも、学会内部からも批判を浴びたりして、板ばさみにあって苦しい思いをする事もままあるのでしょう。与党でい続けるために、安倍内閣の暴走に付き合わざるを得ないのだとしたら、本当に気の毒な事です。
2015年07月17日 (金)