その4 会員をないがしろにするご都合主義である

教団にとって最重要である教義をころころ変更するのは、会員を混乱させ、信仰に対する確信を損なうものだという意見です。特に古くからの会員にこの意見が多いようです。

参考例を一つだけ上げます(抜粋)

「high-gentlemanの日記」より


全文はこちら

 

創価学会会則・教義条項の改正について 解説記事を読んで
本日2015年1月29日付の聖教新聞4面に、昨年11月8日の発表以来、初めて創価学会教学部として公式の解説が掲載された。本日が解説の前編、明日が後編になるという。11月8日から本日の解説掲載に至るまでに実に2ヶ月半以上の時間を要している理由については何の言及も無いが、インターネット上で流布している創価学会教学部の宮地氏(今でも教学部に在籍されているかどうか定かではない)が書かれたというレポート「大御本尊問題の経過について」(引用者註:その2で紹介したもの)を読めば、その理由が理解できる。
このレポートはいつ書かれたのかが明確ではないが、今回の会則・教義条項が発表された日からちょうど1年前にあたる2013年11月8日に総本部(広宣流布大誓堂)落慶記念勤行会が行われており、レポートの文中、「総本部慶賛委員会のもと急遽9月に発足した専門の小委員会」との記述があることから、恐らく、2013年10月前後に書かれたものと推察できる。また、本レポートは、2014年11月8日の改正発表前の9月30日にはネット上に出ており、改正発表後に悪意を持って創作されたものでないことが分かる。
さて、本日の解説だが、今回の改正は、「従来の教義解釈を整理し直したもので、教義の変更ではなく、教義の解釈の変更と位置づけられる」と苦しい解説をしている。日寛教学や相伝書等についても、宮地レポートの中では、これらを盾に日蓮正宗から攻撃された場合、誰がどのように答えるのか懸念されていたが、今回の解説中では、今後「慎重に研究を重ね、より普遍的な創価学会教学の構築へ一層の前進を図りたい」と、現時点ではまだ準備不足であることを露呈してしまっている。
4面の大見出しとして、『大聖人御図顕の御本尊は全て「本門の本尊」』とあり、「三大秘法について」の解説の中で、『「本門の本尊」としては、「弘安2年(1279年)の御本尊も含まれる』としている。それなのに、昨年の改正発表時には、「創価学会は弘安2年の御本尊は受持の対象とはしない」と言ってしまった。
そして、『会則の教義事項に言う「御本尊」とは創価学会が受持の対象として認定した御本尊』であるとし、本日の解説記事中の『大聖人御図顕の御本尊は全て「本門の本尊」』との矛盾については何の解説も無い。本日の解説では、『「弘安2年の御本尊」に繋がらなければ他の本尊は一切力用を発揮しないなどとする宗門の独善的な本尊観は、大聖人の仏法に違背するものであることは明白である。』という文章で、「三大秘法について」の項の解説を終えている。
大見出しにあるように、『大聖人御図顕の御本尊は全て「本門の本尊」』であれば、日蓮正宗や他宗日蓮宗の本尊観がどうあれ、『大聖人が顕された御本尊および書写された御本尊は等しく「本門の本尊」』なのだから、創価学会が認定するしないにかかわらず、受持の対象とするのに何の問題があるのか?
また、『大聖人御図顕の御本尊は全て「本門の本尊」』であるとした上で、『「本門の本尊」に唱える南無妙法蓮華経が「本門の題目」であり、その唱える場がそのまま「本門の戒壇」となる』との解説は、創価学会員の受持する御本尊にのみ力用があるのではなく、日蓮正宗であれ他宗日蓮宗であれ、同様に三大秘法の力用を享受できると言っているに等しいのではないか?
「創価学会会則」は、2 0 0 2 年に改訂されたばかりです。改訂に際し、当時の斉藤教学部長は、次のよう発表しています。
「(会則には)『一閻提総与・三大秘法の大御本尊を信受し』とありますが、これは、創価学会に貫かれてきた『大御本尊への信心』の本義を示したものです。大聖人は、熱原の法難において民衆が不惜身命の信心を現したのに呼応して、弘安2年10月12日に出世の本懐として大御本尊を顕されました。幸福と平和を求めて真の強き信仰心を起した民衆の心にこたえ、末法万年にわたる全民衆を救うために、日蓮大聖人は衆生救済・仏国土成就・広宣流布実現の大願を込めて出世の本懐の大御本尊を顕されたのです。この大聖人の心に呼応して同じく広宣流布の大願を起こし、民衆救済の実践に邁進していく強い信心こそ『学会の信心』です」
かつての改訂時にはこのように解説し、此度の改訂では本日のような解説を行う。
その時々の時代や環境によって、『本義』は自在に変化するべきものなのか?我々会員は、今までの指導がどうあれ、新しい考え方や指導方針が出れば、「はい、そうですか」と何も考えずにただ付き従うだけの存在なのか?